Oauマガジン6号「気づきの成長」

Oauマガジン6号の瞑想のすすめ、第7回は「気づきの成長」(後編)。
プラサードによるハート瞑想についての記事です。

瞑想では、よく「今ーここ」にいるってよく言われます。

でも、実際にはどうすればいいの? 

って思わないでもありません。

そんなときに、ハートがどのように役に立ってくれるのか、ということについて、
詳しく解説されています。

「自分のハートに気づくことで得られること」

今でこそ、「ハート」ってごく当たり前のように思うんですけれども、
30年ほど前に、セドナのミステリースクールで「ハートプロジェクト」が立ち上がって参加していたころは、手探りでした。

今のようなインターネットは発達していなかったので、当時は最先端だった国際電話会議システム」を使って、アメリカのセドナ、ヨーロッパ、日本で、それぞれ8時間ずつぐらいの時差があったので、日本は夜中の2時ごろに参加、というの感じで、世界各地のミステリースクールのメンバーが「ハート瞑想」をしていたのです。

「自分のハートに気づくことで得られること」でプラサードが書いてくれていることは、その30年以上にわたる実験と経験の成果が書かれています。

そんな「ハート瞑想」を広めていくのがユニティインスティチュートの一つのプロジェクトでもあります。

グーグルが「マインドフルネス」での気づきを広めているのと同じように、ユニティインスティチュートでは「ハートフルネス」の気づきを広めています。

ハート瞑想ティーチャートレーニングを卒業した人たちが、そのハート瞑想イベントを日本各地で開催しています。(ここ数ヶ月は鎌倉とは広島が多いですが)

別の記事では、介護福祉士で社会福祉士の田村美帆さんが、その「ハート瞑想」をどのように職場で活用しているかということについても、その体験談を寄せてくれています。

そんなハート瞑想のヒントがいっぱいの6号になっています。

Oauクラブ

江谷

 

過去のおすすめ記事を読む

【新着おすすめ記事】
Oau(オゥ)マガジン6号発売されました
HEAL 奇跡の治癒力(横浜のみなとみらい上映会12月7日)
Oauマガジン5号が発売になりました
モーガンの瞑想音楽シリーズ終了のお知らせ
七夕の7/7(土)アナン邸にて、「ス パイスカレー体験」